2006年12月17日日曜日

手相を見てもらった

お客さんの会社の人が手相を見れる(昔それで事業を興したことがある!)という方だったので行列をなして手相を見てもらうことに。

手をぶらぶらーっとやってぱっと目の前で組み合わせる。そのとき親指が下だった方の手の手相を見ると今後3年間が、反対側の手をみると自分が元々どういう人かということがわかるらしい。

右手がしたになったので、今後3年間でもみてもらおうかと思いみてもらった。

20くらいで転換点になったでしょ?で、2度ほど失敗してるでしょ? というツッコミをいただき、確かにと納得。
今やってる事業は4年くらいでやめることになるよ? と言われ、どういう人生になるのかと困惑。
で、いろいろやってみるけど棚ぼたで成功するかも、と言われた。

50くらいで海外にでも行っちゃうんじゃない?
でも君の手相複雑だからよくわからない という感じだった。

まぁ3年後までしか占えないと言っていたので先のことはおもしろおかしく聞いておけばいいとのことだったが、なかなかおもしろそうでよかった!

結婚とかも聞いておけばよかった。