2006年12月13日水曜日

何のために儲けるのか

いくら稼げるかを競う人がいる。どう楽して儲けるかを必死に考える人がいる。


もちろん悪いことではない。


でもなぜ自分が儲けたいのかをきちんとわかっている人は意外と少ない。


自分の満たされないものを正面にとらえて向き合うのはなかなか難しい。

そしてもう一つ難しいのは、手放すことで得られるという感覚。きっとお金も。