2015年9月8日火曜日

言葉を固めると事業が固まる


自分なりのビジョンが出てきた今となって、自分が事業の舵取りをしていく上でどう人にそれを伝えるか、そして関わってもらうか。それに少し苦しんでいる。

人に物事を伝えるには、その人に刺さる言葉で簡潔に新しい情報を提供しなければいけない。
そもそもわからない言葉があれば思考は止まってしまう。

初めて会った人に活動の概要と意義をぱっと伝えるには、それだけ言葉を選ばなくてはいけないし、枝葉末節をそぎ落とさなくてはいけない。

その場を乗り切るプレゼンテーション、反射神経と愛嬌を十八番に進んできた僕にはなかなか高いハードルである。

人と話して伝わらないときも、最初は「何で伝わらないんだ」とか、「文章や書類より現場を見てほしい」という思いが強かった。でも、今になってその課題に取り組むありがたさをかみしめている。

言葉を固めると言うことは、考えをまとめるということ。
枝葉末節をおとすということは、シンプルな誰もがわかる力強い戦略を作ると言うこと。

それに取り組むことで、力強い事業の芯を見いだすことができるのだろう。

経営者は「言葉のプロフェッショナル」であるべきだ。なにせ自分で動かせる手はしれているのだ。