2010年1月22日金曜日

パート募集

かものはしプロジェクトでは、サポーターの方との窓口となるような
パートのスタッフを募集します。

ただ一般的ないわゆる「パート」とイメージが違うところもあります。
それは業務改善も一緒にやっていくところです。

僕たちはまだまだ小さな、カイゼンするところがたくさんある団体です。
その分関わる時間にかかわらず、貢献できる事は大きく、
やりがいのある仕事だと思います。

こうして僕のように、現地の活動にじっくり取り組めるのは、
日本にいる仲間、そしてサポーターの皆さんのおかげです。
その仲間に加わってくれる人を是非募集しています。
よろしくお願いします。





【かものはしプロジェクト】 パート募集


▽募集項目
■募集人数
・2名

■業務内容
・日本事務局内作業 女性スタッフ多数活躍中!!
会員事業部内のお仕事を担当していただきます。
(かものはしプロジェクトを応援してくださる会員様の対応、業務改善等)
■資格・条件
・かものはしプロジェクトの理念に共感される方
・地道な仕事をいとわず、正確かつ確実な作業を行える方
・コミュニケーション能力があり、他のスタッフやボランティアと協力しながら仕事ができる方
・業務遂行に必要なスキル(E-mail、Excel等)をお持ちの方
・顧客管理業務を経験があれば尚可
(※学生不可)

■勤務地
かものはしプロジェクト事務所 渋谷駅より徒歩7分
(渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッヂ南平台2階)

■勤務開始日
・2010年1月下旬~予定(※応相談)

■勤務時間
・1日6-8時間、週3日以上(※勤務日応相談)
・勤務時間例:
9:00-17:00、10:00-18:00(休憩1時間含む)
 ※勤務時間応相談。扶養の範囲内で働くことが可能です

■待遇
・時給
-週30時間以下:時給850円(試用期間3ヶ月間の間は800円)
-週30時間以上:時給950円(試用期間3ヶ月間の間は900円)
・交通費別途支給
社会保険あり(週30時間以上勤務の場合のみ)

■応募方法
下記URLより、エントリーシートをダウンロードし、E-mailに添付してお送りください。
その際、メールの件名に「パート応募:氏名」と明記のこと。
E-mail宛先: part[a]kamonohashi-project.net
※[a]を@にかえてお送りください。

エントリーシートの ダウンロードはこちらから どうぞ!


2010年1月17日日曜日

カンボジアの結婚式とダンス

最近結婚式続きです。二週間で三回も結婚式に参加しました。それぞれに違いがあり結構楽しかったのでその話を。


まず招待されて最初に行ったのがワーカーの結婚式。うちで働いていた女の子が結婚するということでスタッフ全員が招待されて村の結婚式に参加しました。実はこれが自分としてはカンボジアでの初めての結婚式の参加でした。

最後にうつっている紫のドレスの女性がワーカーとして働いていた子です。
カンボジアの結婚式を見た事のない方はびっくりするかもしれませんが、こっちはお化粧がすごい濃いんです。白い肌に対するあこがれとか昔の伝統から着ているのでしょうか。途中で移っている黄色のドレスの女性は工場のスタッフのソパートですが、まつげに爪楊枝が何本かのりそうなかんじです。

あと、こちらの結婚式はあまりコンテンツがありません。というのも、僕が参加しているのは日本で言うと披露宴と二次会の間みたいな感じですが、式的な物は前の日とかにきちんとやっているみたいです。僕が参加しているパートは、特に始まりの時間も自由な感じで、ゲストがふらっと来て食事を食べてお酒を飲んで帰って行くような感じ。

気楽でいいんですが、知り合いがいないと非常に辛いですね。

それであとは盛り上がり次第なんですが、最初の結婚式から結構ダンスが入りました。合計1時間くらい踊っていたかしら。すごく積極的なおばさまが、日本人を捕まえてはダンス会場に連れ戻すということで、ひたすら踊らされました。

服装がパジャマじゃないか?とか踊りがカンボジアでも珍しいただ腕をふってるだけ?とかいろいろ突っ込みどころはあるのですが、案の定周りのカンボジア人は馬鹿受けでした。たぶんそれで気をよくしたおばさまは、突然キス魔と化し、、、、 うぅ。。5回もキスされた。。。

その日は何とか走ってオフィスに逃げ帰って事なきを得ました。しかし事態はそれで収まらず、次の日突然あのおばさまがオフィスにやってきたんです。曰く、
「明日も結婚式だから来なさいよ。私と踊るのよ!」
との事(意訳)。

それにしても聞いてびっくりしたのがこのおばさま、コミューンチーフの奥さんということで、この辺で一番偉いじゃないか! ということ。さすがパワーが違う。

そういえばダンスについて、この結婚式ではまぁPOPに併せて結構踊るぜ!ってかんじだったんですが、
昨日参加した3回目の結婚式ではみんなが足並みそろえてばっちり踊ってました。
昨日の結婚式は知り合いの日本人の女性と、カンボジア人の結婚式。今度はシェムリアップで結婚式だったんですが、参加者も500人を超えておりくじ引きなんかもある豪華な結婚式でしたよ。
この踊り結構そろってますが、別に出し物でも何でもなく、一般人が突然踊り始める感じです。たぶん。
PVみたいで結構面白かったです。

しかしその友人の結婚式。旦那さんのカンボジア人はまだ学生なんですが、お父さんはプノンペン警察のNo.2、義理のお兄さんは最高裁の長官(?)、弟は弁護士さんという最強の布陣。カンボジアで裁判に負ける事は無いでしょう。

結婚式が多いのでお酒を飲む機会も多く、生活が乱れがちですが何とか節制を保って頑張りたいと思います。。。

※しらふです。



2010年1月13日水曜日

スタツア2010!

あれからもう半年。夢のような時間がまたやってきます。

スタディーツアーがきっかけでNGOに入った人、仲間や友に出会えた人、
働きがいを得た人、様々な出会いがある旅です。
現地で夜遅くまで一緒に語り合いましょう。

お待ちしております。

◆◇【かものはしプロジェクト】2010春 カンボジア・スタディーツアー◇◆

「国際協力をしたい!」 
そんなあなたの思いをかものはしが、叶えます! 

アジアの発展途上国 カンボジア。 
まだ内戦の傷跡が残るこの国は、
貧困、孤児、地雷など様々な問題を抱えています。 
問題を自分の目で見、耳で聞き、
その上で解決に取り組む国際協力NGOの現場を肌で感じてみませんか? 


【かものはしスタディーツアーのポイント】
-途上国の社会問題を解決する!社会起業の現場を知る旅-

◆カンボジアが抱える様々な問題に触れ、 
国際協力NGOの現場を肌で感じられる! 

◆今注目のかものはしプロジェクト! 
社会起業の現場を体感できる! 

◆ともに旅する仲間たちと企画し、 
現地の人々と創りあげる参加型コンテンツあり! 

◆世界遺産アンコールワットの朝日見学や 
内戦の痕跡キリングフィールドなどの観光も充実! 


★詳細はこちらから★


◇◆◇もっと詳しいことを知りたい方、まずは説明会にご参加下さい!◇◆◇

説明会では・・・
過去の参加者の生の声が聞ける!
過去のスタディーツアーの写真を見れる!
かものはし、児童買春・人身売買について話を聞ける!
直接グループリーダーたちと話ができる!
かものはしの雰囲気を味わえる!
ご質問にもお答えします!

【日程】※要予約
第一回 1月16日(土)14:00-15:30
第二回 1月20日(水)19:00-20:30
第三回 1月24日(日)11:00-12:30

【場所】
かものはしプロジェクト事務所(渋谷駅より徒歩7分)

説明会参加希望の方はご予約こちらから!!!
↓↓↓ 


◆------開催概要------◆

【旅行日程】  2010年3月8日(月)-3月16日(火)<7泊9日>
       
【旅行代金】 おとな一名
195,000円(お二人様一室利用)
※一人部屋使用時の追加料金(25,000円)
(航空券代金、全行程の食費、現地での宿泊費、全ての移動費、込み)

※含まれないもの
現地での空港税、サーチャージ、空港保険料、ビザ取得料、
オプショナルツアー代、海外旅行保険代金
        
【定員】 20名(最小催行人数・大人8名)

【締め切り】 2010年2月1日(月)

【旅行実施】 株式会社 JTB首都圏 法人営業横浜支店
【企画】 NPO法人 かものはしプロジェクト

【お問い合わせ先】
TEL: 03-6415-7744
E-mail: st-info[at]kamonohashi-project.net (担当:鳥居・石嶋・岩澤)[at] -> @



2010年1月8日金曜日

タイすごい

なんか頭の悪そうなタイトルですが、

先日タイに2泊する機会があり
結構感動したので。

1日目は高層ビル群と活気に。
2日目はショッピングに。
特に2日目は自分の買い物ではなく、営業のディスプレイ用に使えるような造花、アクリル什器、お皿などを買い回っていたので、バンコク中を歩き回ってへとへとになりました。ウィークエンドマーケットから無印良品・LOFTまで。

タイの街を歩き回ったのは結構久しぶりで(前回9月頃に1泊したのですがホテルにいただけ)、カオサンなんかをしっかりあるいたのは2002年の調査以来だと思います。2001年にバックパックで来た事もあるんですが、それにしてもタイの成長には驚きました。

2001年バックパックで安宿を探してさまよったカオサンに、今やスタバとアップルのリセラーがあるなんて。。。
結局懐かしくなって、当時泊まった宿に泊まり、当時食べた屋台で夜ご飯を食べちゃいました。。

その後また陸路でカンボジアに戻りましたが、自分でアレンジすればバンコク←→シェムリアップ、20ドルくらいで往復可能な上に買い物もできるのでたまにタイにこようかな〜と思ってしまった年始でした。

それにしても成長している国は活気があって、そしてたまにくるとその変化を楽しむ事が出来て良いですね。



2010年1月2日土曜日

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。


一年の計は元旦にありということで、昨年の振り返りと今年の目標を
考えたいのはやまやまなのですが、実はこっちでは
元旦も2日も仕事なので、少し落ち着いたら
またブログにでもアップしようかと思います。

今年もいろいろとあるとは思いますが、
事業としても、組織としても大きく成長できる
良い年にしたいと思います。

農村の不思議な写真を二枚