2010年10月28日木曜日

よみがえるホンダDream 〜 洗車と修理の果てに

シェムリアップの町をバイクで走っているとどうも変な音が。
走り出しにガガガッという引っかかったような大きな音がしていました。

在住の人に相談してみると、

  • バイクが汚いので洗いなさい
  • 修理屋に行きなさい
ということで素直に従いました。

それにしても、バイクの洗車サービスは初めての経験なので思わずつぶさに観察してしまいましたよ。


汚いバイク。農村の泥がついております。

洗ってくれるのはこの人。De La Pauxにほど近い洗車場にて。
エンジンまで使ったホースで思いっきり水をかけます。
ハリーポッターに出てきそうな場面。
丁寧に泥を洗い流してくれます。
気のせいかバイクも気持ちよさそうです。
一通り泥を落としたら次は洗剤でお掃除。
なんと二人がかりです。果報者め!
その後はすすぎます。シートの中まで!
一旦すすぎ終わると乾かします。エアブラシまで取り出すとは。。
最後は三人がかりでから拭き。うちのバイクがお世話になります。
所要時間大体20分程度。これでお値段は驚きの2500リエル。今のレートだと50円くらいでしょうか!

こんなにキレイになるならまた来ちゃう!!と喜んだのもつかの間、
やっぱり音の問題は変わらず、むしろだんだんひどくなってる気さえします。

これはまずいと、修理屋に持ち込んだところ、診断開始10秒で、
「これはお金かかるよ。部品交換だ。」

といわれ、早速修理をしてもらうことに。
交換した部品はこちら。まだ使えそうな気がしなくもない。
交換したパーツとチェーンの残骸。

所要時間は約1時間。お値段は$7でした。
これだけやれば完璧!ということで快適になったバイクを30Kmほど走らせ、農村へと向かいました。

日頃のメンテナンスが重要ですねぇ。勉強になりました。

2010年10月16日土曜日

隣人のチャレンジ。Let’s お菓子作り

農村のオフィスの隣の家の方が渋い顔をしてお菓子を作り始めた。バナナを押しつぶしてあげるというカンボジアの伝統的なお菓子。家庭では本当によく食べるそうだが、周りに打っている人がいなかったので始めてみたそう。

ナイスチャレンジ!ということで、早速一つ買ってみた。
。。。
結構美味しい。

でもこれはカロリー凄いよね。ということで、たまにだけにしておこうと心に誓うのであった。

渋い顔をしているのは揚げている間だけです
右にちょっと見えるのがお菓子本体です


一つ前の工程。木のプレス機にはさんだバナナを
衣になるものにまぶします

揚げます!カンボジア語ではチアンとか言うのかな。





何故かうちのスタッフも手伝うの図
奥に見えるのはえび揚げせんべい的なもの。

おまけ:授乳中!

2010年10月14日木曜日

【協力お願いします】家で余ってるパソコンでカンボジアの子どもが学校に行けるイイ話。

かものはしが8月から実施しているパソ貢献キャンペーンもいよいよ大詰め。
まだまだPCを大募集中です!
家のPC、職場のPC、是非一度チェックしてみてください!

Web申込みで、家までPCを回収に伺うという非常にお手軽な仕組み。
パソコンは普通に捨てることも出来ないので、
捨てるより簡単&役に立つ!

基本的に古い物でも、動くものであればOKです。
不明な点はFAQをご覧ください!

タイや国境付近で保護された子ども達が
未来へのより大きな希望を持って生きていくために
通学支援にご協力ください。

告知協力も大歓迎です!

(以下本文)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「パソ貢献project」(8/26~10/31)
ご家庭や企業にある不要PC1000台を寄付して、
カンボジアの子どもたち100人を学校へ行かせよう!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

日頃から、かものはしをご支援下さっている皆さまに
ぜひ、お力をお借りしたくメールしております。
いらなくなったパソコン、ご家庭や職場にありませんか?
「NPO法人かものはしプロジェクト」と「株式会社メディエイター」は、
不要になったPCを1000台集め、その買い取り価格(諸経費を除く)を、
カンボジアの貧しい子ども100人が学校へ行けるように、
寄付するキャンペーン(8/26~10/31)を実施しています!
(キャンペーンサイト→http://pasokoken.mediator-net.jp/


子どもが1日学校に通うためには100円必要です。
寄贈PC1台につき、最低400円以上*が寄付されます。
1000台を集め、100人の子どもが学校に行けるよう
(2ヶ月)サポートしたいと思っています!
その中で、サポーター様より100台応援いただきたく思います。
*寄付額はPCの質によりますので、こちらのキャンペーンに関し
よくいただく質問の中にある金額表を参照下さい。

■プロジェクトの仕組み■
・WEBからお申込みいただければ、郵便局スタッフが、
集荷に伺いますので、簡単です!
(送料は、協同企業メディエイター様が負担)
・PCを直接カンボジアに送付するのではなく、買い取り額を
現地でフリースクールを運営する孤児院へ寄付いたします。

■参加の方法■
1.PCを寄付する
不要PCの買取り相当額がカンボジアへ寄付されます。

2.twitterなどでプロジェクトを広める
かものはしプロジェクトや、本プロジェクト事務局では
twitterキャンペーンを実施中です。
ご自身のアカウントからRTしていただけることで、
1RTが 1円の寄付になります。
※不要なPCで、しかも送付の手間いらずで出来るチャリティです!
また、PCが無くても、twitterなどでキャンペーンを広めていただくことでも、
参加することが出来ます!

■寄付の使途■
寄付金はカンボジア国内での児童買春被害にあいやすい
ストリートチルドレンなどを保護する孤児院に送られ、
孤児院が運営するフリースクール費用
(文具・給食、教科書代、医療ケア等)として使われます。
ご家庭や企業内で使われていないPCを有効に
活用することで、カンボジアのスラムで働く子どもたちを
買春リスクから守ることにつながります。
また、将来の自立のために教育を受けることで、子どもたちの
将来の選択肢を増やし希望を持ってもらうことが出来ます。
カンボジアの子どもの笑顔をみなさんで一緒につくりましょう!
お勤めの企業、ご友人にもチラシをご参考にしながら
広めていただけますと幸いです。
ぜひ、ご協力を宜しくお願いします。
実施期間:8月26日~10月31日
キャンペーンURL: http://pasokoken.mediator-net.jp/

担当:岩澤、野村
連絡先:iwasawa(a)kamonohashi-project.net
nomura(a)kamonohashi-project.net

2010年10月8日金曜日

読書メモ

最近ブログがきちんと書けてない。でもいろいろ書きたいことはある。
読んだ本のことはその一つ。

日本に帰ってきたときに本当にたっぷり時間を使って本屋に潜るのが趣味となりつつあります。

ひとまずメモ!

いつも読んでいるブログの書籍。書き口がわかりやすいが基本的なことをきちんと教えてくれる良本。



委託販売がメインとはいえ、雑貨品メーカーとしてかなり勉強になります。



昔からのベストセラー。気軽に読めて味のある本。