2006年12月13日水曜日

管仲

やっぱり道家の方が好きな気がする。

ちっとも完璧じゃない人間がちっとも完璧じゃない故に完璧なんだって最近思う。

まぁそんなポエミーな私が今読んでいるのが下の管仲。大好きな宮城谷さんの本ですが、ちょっと読んでいて泣きました。 上巻なのに。 (恥

ちなみにどきっとしたやり取りは下記の通り

管仲「素直で明るいということは、思考と生活に屈折がないということで、じつは人の器としては大成しない」
(中略)
管仲「要するに、垣どのは、自分に期待しすぎている。等身大の自分に戻ればかえって才は大きく育つ」

読んでいて鮑叔は理解できるが、管仲は一生かけても理解できないんじゃないかと不安になった。下巻Amazonを待てないから本屋で買ってしまおうっと。

管仲〈上〉
宮城谷 昌光