2011年12月26日月曜日

知的アウトプット力について

「私」を付け加えることが究極の知的アウトプットであることについて

http://lifehacking.jp/2011/12/what-you-make-of-it/

の中に

Output = Input + 私

という記述がありました。

 

個人的には「私=Output - Input」というよりは
Output = 私(Input)
だと思いまして。足し算じゃなくてかけ算だっていう話でもある。なので合成関数の微分をする。(だったけ?)

「アウトプットの増減」= 「自分のInput→Outputの変換の増減」 × 「Inputの増減」

Input→Outputの変換はいくつかの力で分解できると思っていて

  • Input系
    • 咀嚼力:字義通りに理解する力、意味合いを考えられる力、自分に引きつけて考える力
    • 記憶力:エッセンスを覚えている、絵や文章にして記憶しておく
  • Output系
    • チャレンジ力:試してみる
    • 適用力・持続力:きちんと徹底的に適用してみる。

とかでしょうか。

 

とすると気づきとしては

「Inputだけ増やすよりも、Input→Outputの変換力に着目した方がOutputが増大することがあるって言う事ですよね。バランスとるのが良い。特に、咀嚼力やチャレンジ力なんかはInputだけしてると鍛えづらい可能性もあるので。」

と思いました。