2007年10月11日木曜日

Thunderbirdにしてみてあれこれ 要返信など。

昔からMUAをいろいろ試す癖があって、MacにしてからはApple Mailで満足してたんだけど、思うところあって、Thunderbirdにしてみました。 Appleの人でThunderbird使っている人をみたっていうのもあるんだけど。
思うにメリットは下記

  • カスタマイズ性が高い。ショートカットも多い。
  • 複数アカウント使うときはMailよりも使いやすい気がする
  • タグなんか使いこなすと面白いかも。使ってないけど。
  • Add-onがいっぱい
短所は下記
  • Macなのにフォントがいまいち。設定かしら??
  • ちょっと動きがもっさり。
  • カスタマイズ情報が少ない。。
今日やったのは、最低限って言う話ですが、「要返信フォルダ」の作り方。
これは、フォルダの移動でやる人もいるかもしれないんですが、それだと受信箱でスレッドが見づらくなったりするだろうし、せっかくThunderbird2から「検索フォルダ」という機能があるので、それを使ってみることにしました。

スター機能を要返信機能として使っています。
設定の仕方

  • メールの検索画面を出す
  • カスタムヘッダで「X-Mozilla-Status」を定義
  • X-Mozilla-Statusが5もしくは7を含むメールを検索し、検索フォルダとして保存
使い方
  • 返信する必要のあるメールでSボタンを押す(スターをつける)
  • 要返信フォルダに洗い出されるよ!
  • 返したらSをおしてスターを解除
という感じ。 見てみたところ、普通のメールにスターをつけるとステータスの最後が5になって、返信済みのメールにスターがついているとステータスの最後が7になるみたい。 削除メールだとまた違うんだろうけど、ここは洗い出さなくていいや。

ということで共有まで。 飽きるまで使いますー