2007年10月27日土曜日

自分の中のコンプレックス

テレビでICHIROの話を見ると、
「すごい」
と思った後に、すぐに
「悔しい」
と思っていることに気づいた。特にICHIROじゃなくても、たとえば今日ASAHIのBEに載っていたカネボウの社長の方でもそうだった。

自分の心の中を見てみると
「自分は彼らと同じ地平に立って、様々な事業を手がけたいと思っているが、彼ら(の伝わってくる話)ほどストイックにはがんばれていない。がんばろうとしてもなかなか心と体がついていかない。」
ということに対するコンプレックスのあらわれなのではないかという結論に達した。

自分なりのプライドや焦りというところがいい意味で出るときと、自分の手足を動かなくしてしまうときとあるように思う。

そう言うときには
「人によってなすべきことは違う」ということや、前に師匠に言われた
「青木は50代くらいになって大きく成功するだろうなぁ」という言葉を思い出して、
一歩ずつ前に向かうエネルギーを絞り出している。

しかし、自信があるのか傲慢なのか、謙虚な姿勢なのか卑屈なのか、勇気をもって見切り発車するのか慎重に検討するのかそう言った二つの表れの間で揺れている。まぁみんなそんなものか。