2007年4月10日火曜日

交渉人

交渉人
五十嵐 貴久


星三つという感じ。描写はあまり好きじゃないです。説明口調過ぎるので。

最後少し感動しましたが、やや無理矢理感があるのと、「ひっくり返してやったぜ」という作者の意図が見えて何となく素直になれませんでした。

あまのじゃくになってきましたかね。