2007年3月5日月曜日

最強の組織への道 その2

あれ、続いた。勢いだけですが。

最強の組織は

  • 顧客満足
  • 社会の満足
  • 従業員の満足
がどれも欠けることなく実現できているはずだ。なぜならば持続的であることが最強であることの条件であり、上の3条件が持続的であることの必要条件であるからだ。

最強の組織は

  • 高い品質
  • 圧倒的なスピード
  • 低いコスト
という矛盾する三要素を欠けることなく実現する。そして、それを持続させることができる。

最強の組織において、スタッフが目指すべきプロフェッショナルであれば下記の間違いは犯さない

  • (ラインがしっかりと機能しているので)スタッフがマネジャーの権限を飛び越える
  • 自分がなすべきこと、そしてそれ以上になすべきでないことをはき違える
  • コミットメントが無いのに、口約束してしまう
  • 自分との、組織との、顧客との約束を守れないとわかっても報告しない、相談しない
  • 顧客との守れるかどうか冷静に定期的に判断しない
  • 顧客の顧客の存在を考えない
  • 業務連鎖を意識しない
  • ミスに目を向けない(隠す、曖昧に報告する、報告するタイミングをずらす、あたかも自分のせいではないように言う)
  • ミスから学ばない
  • ミスからの学びを組織で共有しない
  • 顧客の優先順位ではなく、自分の優先順位で行動する
  • 他のスタッフの問題をチームで解決しようとしない
  • カイゼンのためのトライを繰り返さない
  • 目標がワクワクしないのに黙っている、目標を高めない
  • 遅刻する
  • 遅刻するとわかっても連絡しない
プロフェッショナルとは「常に高いパフォーマンスを出す人」である。ポテンシャル×(成果を再現する意志+行動)。信頼×品質+α。

Road To 最強の組織 「最強の組織への道 その3