2007年3月5日月曜日

最強の組織への道 その3

Road to 最強の組織

  1. 理想を持つこと
    理想の組織、プロフェッショナルであればどうするかと常に問いかけること 理想に強く共感すること
  2. 病識を持つこと
    今の自分の実力を認識すること。今の自分の実力を否定すること。実力を見える化すること。
  3. 計画
    具体的に理想の組織、プロフェッショナルに近づけるカリキュラムを組むこと
  4. トライ
    自分の限界より少し上にチャレンジすること
  5. レビュー
    トライを振り返ること。問題を共有すること

今のかものはしはまだまだ、スタッフの滅私奉公に頼っている部分が多い。もっともっと自分も活きて奉公するような組織にしなければ。瞬間風速に頼るだけではなく、インナーマッスルを。短距離だけでなくマラソンを。

今のかものはしの一つの問題は、顧客満足が見えにくくなっていること。

まず3月は下記のトライをやってみようかと。

  • 顧客に一律アンケート、何件かインタビュー
  • 顧客からのお褒め、お怒りのメールをMLに転送、ボードに貼りだし
  • 顧客のアンケートはMTGで読み合わせ
  • 納期遵守率を見える化するための仕組みを考える
  • 二地点に事務所が分かれてからできていないトライを見直して実施する、投資する
僕の観点
  • 自分がプロとして恥ずかしい部分を一つずつ直す。 遅刻とか納期とかやるべきでない仕事をやってるとか
  • いかに自主的にカイゼンするスタッフを育てるか?
  • いかにカイゼンの一つ一つにしつこくなれるか こだわる。
来月この記事を見直して恥ずかしくならないようにブログで宣言!