2007年2月19日月曜日

組織の土台を作る

これは、かものはしの来年度の事業計画を決める合宿にて、IT事業部のマネジャーから出てきた言葉。
「青木さん、2,3月は受注を押さえて、組織の土台作りをしましょう。技術や採用、研修の充実など」

これがマネジャー層から出てくるのは非常にいいこと。大切にしたいです。

それで、僕なりにもいろいろ解釈をしてみたんです。

組織の土台を作るとは、現場力の強い組織を作る ということなんでは無いかと。

で、現場力っていうのは何かといったら、現場が問題解決をしながら

  • 品質
  • コスト
  • スピード
  • 持続性
を両立したオペレーションを作り上げる ということです。

で、この本によれば


それは下記の5点の条件を作り上げることだと。(言葉は置き換えてありますが。)

  1. 当事者意識を持つこと
  2. 価値観・戦略を共有すること
  3. 組織の可部にとらわれない
  4. 努力、決してあきらめない
  5. 緩まない、チャレンジを繰り返す
それをうけて考えたことが次のよう。

HTMLコーディングサービスの価値観
  1. 信頼(納期を守るより、言ったことを守る)
  2. 品質(99%+α)
  3. 人間力(明るく楽しくかっこよく)
HTMLコーディングサービスの戦略は次のよう
  1. 組織の経営リソースや受注案件をHTMLに特化すること
  2. オペレーショナルエクセレンスを達成するために、絶え間ないカイゼンを行うこと
  3. マネジメント能力が卓越すること
その上で課題は下記な感じです。
  • 脱青木
  • 完全にスケジュールを遂行すること
  • 技術の共有
  • 工数の管理技術
  • しきりの悪いお客さんとどう付き合うか
  • 採用、研修の体制
全部については今具体的に語りませんが、技術の共有だけ分解しておくとこんな感じですね。
  • HTML
    • 正しいマークアップの追求・テスト
  • CSS
    • バグの共有
    • デフォルトCSSセットの浸透
  • JS
    • デフォルトJSセットの構築・浸透
  • 他ツール
    • ファイル横断置換など
    • ドロップレット
    • Webdeveloper
2,3月は少しゆっくりしながら組織の底力をつける作業に全力投球しようと考えています。
以上所信表明終わり。
#またいずれ具体的に書きたいと思います。