2007年2月8日木曜日

サービスの品質

弊団体のサービス提供に関して、顧客と話し合う機会があった。


まだまだサービス提供者として、プロとしての自覚が足りていないことを痛感。カイゼンが必要である。
ちょうど組織が拡大し、僕が案件の内容にタッチしなくなってから一つめの試練である。

僕がコーディングをしていたころももちろんまだまだ未熟なところはあった。誠心誠意を尽くしてサービスをしていたという自信はあるが、やはりマネジメント能力が弱いのだ。それが、また組織の段階が一段階上がった今起きていた。

マネージャーの能力とか自覚とかそういった属人的な問題にしてしまうのは、非常に簡単だ。しかしそれは的を射ていない。なぜならば、彼らは少し前までコーダーだったし、プランナーだったのだ。いきなりマネジメントをできる人などいない。

組織として彼らに職務を定義して自覚を持ちやすい環境を作っていきたい。
プレイングマネージャーとして現場を指揮するときの心得を共有していきたい。
そして、何よりもプロとしてデリバリー、品質を安定させるというスピリッツの部分を一緒に盛り上げていきたい。

それこそが僕の仕事であり、職務なのだ。それを強く自覚していなかった僕にこそプロ意識が足りなかったと言うべきであろう。 反省。