2009年2月3日火曜日

原丈人さんにお会いしてみたい

※名前が間違っていたので修正しました。大変失礼いたしました。
いろいろと各所から噂は聞いていたのだが、インターネットの記事を読んで
改めて凄い方だと認識。一度お会いしてみたい。(と書いておくとお会いできる気がちょっとする)

是非記事、読んでみてください。

印象に残ったのは
  • わくわくしたことは世界の果てまで行ってでも実現すること
  • 1つ成功するのに5つ失敗している(→成功するまで6回試せってことですかね。期待値は違うのかもしれないですけど。)
というあたりです。

プロフィール(1101.comから転載)

1952 年大阪生まれ。慶應義塾大学法学部卒業

後、考古学研究を志し中央アメリカへ渡る。

スタンフォード大学経営学大学院、

国連フェローを経て同大学工学部大学院を修了。

29 歳で創業した光ファイバーのディスプレイメーカーを売却後、

主に情報通信技術分野で新技術を創出する企業の育成と経営に注力。

90 年代にソフトウェア産業で

マイクロソフトと覇を競ったボーランドをはじめ

SCO、ユニファイ、ピクチャーテル、ウォロンゴング、

トレイデックスなど十数社を成功に導き、

シリコンバレーを代表するベンチャーキャピタリストのひとりとなった。

会長を務める事業持株会社デフタ・パートナーズグループは現在、

アメリカ、イギリス、イスラエルでPUC というコンセプトのもと

技術体系を構築。2004年には東京とソウルに拠点を設けた。

05 年にインテルと合併したオープラス・テクノロジーをはじめ、

ゾーラン、オーレン、XVD、フォーティネットなどの

企業群を育て、ポスト・コンピュータ時代の新産業を先導する。

アメリカ共和党のビジネス・アドバイザリー・カウンシル評議会

名誉共同議長、

国連経済社会理事会CISRI 常任監視団大使兼UNONG WAFUNIF 代表

大使、財務省参与、税制調査会特別委員、産業構造審議会委員、

��財)アライアンス・フォーラム代表理事、

��財)原総合知的通信システム基金理事。

研究開発型ベンチャー企業の育成に適した税制や株式市場のあり方、

新技術を用いた途上国の支援など

幅広い分野で積極的な提言と活動を行っている。
http://www.deftapartners.com/