2006年10月29日日曜日

キャリアプランなんてくそ食らえ

今日は東大OBと学生の交流会イベント、「知の摩擦」※に行って参りました。第一回からでているのですが、三回目になるとみなさんこなれてきて、徐々にイベントがよくなってきましたね。

※卒業生(笑)と学生数人がテーブルを囲んで、キャリアなどについて話あうようなイベントです。

学生からのただの質問会になるとあまりおもしろくなく、そんなのは就活サイトでも見てくれ みたいな話に終始しがちですが、卒業生の方と話が弾むとやはりおもしろいです。
本日も、抗ガン剤を研究されている方や、経済産業省の方、NHKの方などいろいろな方とお話しできておもしろかったです。

その後の交流会ではネットエイジの西川社長にあったり、友人の会社の近況が聞けたりして、「採用むずかしいねー」みたいな話で盛り上がりました。

さて、いつもキャリア系のイベントに出て繰り返ししゃべっていることがあります。
それがタイトルになっているキャリアプランなんてくそ食らえっていうことです。

あまり未来を規定しすぎるとつらくなることはあってもいいことは少ないだろうなぁというのが正直なところです。
三年ごとに自分の人生を考え直すくらいがちょうどいいのではないでしょうか?

キャリアプランをするのではなくて、その時点その時点で本気でやれるかどうかを判断して、三年間コミットする。

結局キャリアを決めるのはプランニングではなくて縁だったりすることが多いので、変に夢だけ大きくなってプライドだけ高くなると後で自分の首を絞めますよ という話でした。

まぁOBという中で僕がいたりするあたりとか、おまえにキャリアプランの話をされたくないよ っていう意見が聞こえてきそうですが。