2014年3月1日土曜日

仕事での贅沢

仕事での贅沢といえば、自分より優秀な人と働く事だと思う。

自分で起業した場合ではなおさら貴重である。そんなとき、メンターの人に定期的に関わって頂けるのは本当に贅沢な瞬間の1つだ。

沢山のメンターと色々な関わり方をして頂き、深い知識・経験を分けていただくとき、その洞察力と目線の暖かさに驚かされる。そして何より、ミーティングが終わった後にエンパワーメントさていることに気づくのだ。大変なんだけどいつも、なんか元気になっている。

例えば、今日の朝のアメリカ人の方とSkypeでミーティング。元インテルの中国のMarketing Country Directorという錚々たる経歴の方だが、手弁当で僕達の小さな小さな事業を細かくチェックしてくれる。

たった1時間のMTGでも3ヶ月にもわたる状況を理解し、私たちの視野を広げ、マネジャーとして細部にわたって管理することの大切さに気づかせてくれる。そして、長い目で見てどんな学びを得たのかを引き出してくれ、さらに様々なアイディアを与えてくれる。

また、励ましてくれること、謙虚であることも忘れない。その短い時間だけでも「何か学ぶ事があった」と言って頂ける。

それが結構ハードなんだけど、また3ヶ月後まで頑張って、きちんと報告したいと思える事に繋がっている。

自分もそういう在り方、関わり方が出来るようになりたいな、と憧れるなぁ。

今日得た素敵なインプットを村の女性達の成長につなげていけるように、バトンを落とさないように頑張ります〜

今日のアドバイスメモ「internal leadership pipelineを作り上げる」「forecastがずれたことを振り返ってforecastの精度を上げる」「システムを活用するためには適切なエンパワーメントとプロセス、投入が必要」