2012年12月9日日曜日

30才の4つの約束

もう2ヶ月前の事ですが、2012年10月10日に30才になりました。

つきましては大変多くの皆様にお祝いして頂き、本当にありがとうございました。特にシェムレンジャーの方々、別途ブログ記事を書きますので少々お待ちくださいませ。

とりあえずどんな30代にしようかってことと、どんな30才にしようかっていうことを色々考えていました。30才できちんと約束したい事がまとまってきたので公開したいと思います。

僕の30才になった自分との4つの約束は

  1. 健康であること
  2. 家族とともにあること
  3. 人に安心、笑顔、気づきを提供できる人であること
  4. 常に全力であること

です。

 

健康であること

2012年は、二度の入院(帯状疱疹@日本、デング熱@カンボジア)+精神的な落ち込みなど心身共に健康でないために沢山の方にご迷惑をおかけしました。特に、高校時代の恩師に言われた一言がぐさっと刺さりました。曰く、

「それだけ入院があるってことは、免疫が落ちている証拠。不摂生な生活と、ストレスコントロールについて見直した方が良い。30代は乗り切れても40代でぼろぼろになる。またそういうときに癌になりやすいから気をつけなさい」

とのこと。ガツンときました。

食生活の改善、人間ドックに行くこと、運動や瞑想の習慣など30代を元気いっぱいに乗り切るだけの力をつけたいと思います。まず30才最初の12月のハーフマラソンも走れたことですし!フルマラソンなどにも挑戦してみたい。

 

家族とともにあること

今自分の存在や仕事を支えてくれるのは間違いなく家族です。そして娘が2才の今、自分がカンボジアに1人で来ていることで大きな迷惑をかけてしまっています。これは自分の仕事に大きく関わる大切な意思決定ですが、家族とともに過ごす時間を増やすこと、そしてどこにいようとも家族とともにあることを約束にしようと思います。

 

人に安心、笑顔、気づきを提供できる人であること

謙遜でなく、つくづく思うことは、自分自身の能力はたいしたことがないな、ということです。かものはしプロジェクトがここまでやってこられたのは、まさに周りの仲間やメンター、サポーター、ライバルの方々のおかげです。同じ事が返せるかわかりませんが、恩返しながらぬ恩送りということで、周りの人に勇気や笑顔を与える存在でありたいと思っております。とりあえず、ナスに代わる物を考えなくては!

 

常に全力であること

この2,3ヶ月何かずっと違和感がありながら仕事をしていました。何かうまく回っていないような、空振りしているような、頑張り切れていないようなそれでいて腹の底から力がわいてこないというか。

この1ヶ月、色々な本を読み、色々な方とお話しする中でやっとその違和感の正体がつかめてきました。それは、全力で上を目指していなかったということです。一つ一つのプロジェクトの品質、意思決定の品質、行動の品質、一日一日の振る舞い、どれをとってもまだ未熟で中途半端な部分がありました。

19才でかものはしプロジェクトを始めたとき、「かものはしを世界一にする」と紙に書いて壁に貼ったことがありました。

この数ヶ月、そんな、自分を忘れていた気がします。

社会問題をきちんととらえ、団体も事業も自分も成長して問題をしっかり解決する。そのために力を残さず頑張りたいと思います。

自分を磨くということに関しても、もっと貪欲にやっていきたいと思います。決して体を壊したり、家族との時間を犠牲にしたりすることなく全力で取り組むということをきちんと考えて挑戦していきます。

 

さて、このブログは実は、1ヶ月以上下書きのまま保存してありました。多分、最後の約束がうまく自分の中で消化できていなかったからだと思います。きちんと皆さんと約束できるような気持ちになった今、公開することにしました。

本当にまだまだ未熟者ですが、なにとぞよろしくお願いします。

べー